A-2. リップロール



効果抜群の【リップロール】

ボイストレーニングの基礎的なトレーニングに、【リップロール】という方法があります。

具体的には、 唇を閉じた状態で空気を排出し、唇をブルブルと震わせながら行う練習方法です。

ボイトレで正しい発声を身につけるための練習方法として、リップロールが理にかなっており、克つ効率的にトレーニング効果を生むものです。

リップロールは、それひとつで様々な部位のトレーニングになります。

リップロールで得られるトレーニング効果

1.唇や表情筋のリラックス

2.音程を正しく取るトレーニング

3.横隔膜のトレーニング

4.裏声と地声を滑らかに繋ぐトレーニング

. 唇や表情筋のリラックス

歌う上でとても重要なことは、「リラックス」です。

心も含め各部位が適度にリラックスしている状態が一番良い状態です。

喉や首周辺だけではなく顔面も同じです。

特に唇のリラックスは大切になります。

20種類以上ある表情筋の中で、笑筋や口輪筋、頬筋など唇のまわりの筋肉を刺激しリラックスさせる効果もあります。

表情筋の図

※表情筋については上の図をご参照下さい。

2. 音程を正しく取るトレーニング

音程は声帯のヒダが収縮する微妙な動きで作られます

さらに、音程は口腔内の形や唇の形ではなく、あくまで声帯のみで作らなければなりません。

リップロールで音程を上下する時、動くのは必然的に声帯のみになります。

結果的に、声帯だけで音程を作る基礎的なトレーニングになります。

くちびるのブルルを維持しながら、音程を上げ下げするというのは、普通に声を出して行うより神経を研ぎ澄ます必要があります。

それを繰り返すことで、声帯の開け閉め、つまり音程の細かいコントロールが出来る様になります。

また、口を閉じてリップロールする事で、発声音の骨伝導率が高まり自分の音を良く認識することが出来ます。

自分の音を正確に知ることこそ、音程をコントロールする上で一番重要なことです。

3. 横隔膜のトレーニング

リップロールは空気の吐き出す量が一定、もしくは滑らかな増減でなければ止まってしまいます。

そのためには、腹式呼吸により横隔膜を使いスムーズに空気量を調節する必要があります。

リップロールを行っている時は、通常の発声より空気の流れが阻害されています。

(唇を閉じてその隙間から空気を押し出すため)

この時、排出空気の量を調整する横隔膜に多少の負荷がかかります。

これにより、横隔膜が鍛えられ、滑らかな空気の排出が可能となります。

4. 裏声と地声を滑らかに繋ぐトレーニング

リップロールでも発声は唇が閉じている分、大きな音が出ません。

口を開けての発声とは違い、必然的に「自然なボリューム」に収まります。

裏声(ファルセット)も地声よりは音圧が低い(ボリュームが小さい)ので、地声から裏声へのチェンジが滑らかに行えます。

無理なく滑らかにチェンジを繰り返す事で、声帯のヒダのスムーズな動きを習得することが出来ます。

リップロールの具体的なやり方

  1.   唇を軽く閉じます。

2.   空気を吐きます(この時、音は付けない)。まずは、空気だけで行う。

3.   唇が高速で開いたり閉じたりし、「ブルル」と音が出ます。

4.   音と音階を加える(「ブゥ~」と言うつもりで)

5.   ドレミファソファミレドを行う。

.上唇と下唇を多少押しつけてみる

基本的にはリラックスして行うことが大切ですが、この方法で、最初に唇がロールするきっかけをつかんで下さい。

多少押しつけることでブルブルし出せば、その後は、なるべく力を抜いた状態で出来る様に良いポイントを探して下さい。

首も肩もなるべくリラックスした状態で行う。

.唇を唾液で湿らず。唇を潤す。

唇が乾燥している場合、表面が硬直し上手くブルブルとならない場合があります。

.両手の指(人差し指、中指、薬指)を使い、左右のほっぺ周辺を軽く上に押し上げる

日本人は、表情筋の筋力が弱く、唇のまわりが硬直している場合があります。

それを和らげる様に、少し指で補助してあげる。

指の位置をゆっくり上下させて一番唇がロールするポイントを探して下さい。

最終的に、手を添えなくてもリップロールが出来れば理想ですが、どうしても出来ない方は手を添えて行ってもOKです。

私達が使う日本語は、表情筋をあまり使わなくても発音が可能な言語です。

その言語的な特性から、頬筋や上唇結筋などが硬直している場合が多くあります。


表情筋の図男性

表情筋について上の図をご参照下さい。

余談ですが、欧米人が日本人のマネをする時、鼻の下を横切る様にセロハンテープを貼り言葉をしゃべるマネをしたりします。

テープのせいで上唇が動かなくなるからです。

その位、日本人は表情筋を使わずに言葉を発しているのです。

まずは空気だけでブルブルが出来るようしましょう。

それが出来るようになったら次に、リップロールに音階を加えトレーニングを行います。

4.音と音階を加える(「ブゥ~」と言うつもりで) 

5
.ドレミファソファミレドを行う。

音階を半音ずつ上げて行って、又下がってくる。

音階の種類は、オーソドックスなモノであれば違うモノでも構いません。

「ドミソドソミド」などでもOKです。

細かく言えばまだまだありますが、ひとまず5番まで出来ればリップロールは完成です

リップロールを行う上でのコツ

1. 空気の排出量を一定に保つ

2. 力まない

唇を強く閉めながらでもブルブル出来ますが、これだと、音程が上手く取れなくなったり、喉が完全に閉じてしまったりします。

リラックスして行うことが重要です。

リップロールについておわかり頂けましたか?

リップロールは、正しい発声を身につける上で、非常に有効なトレーニング方法です。

私の場合、いつもスタジオ・レコーディングの前にさりげなくリップロールを行ってウォーミングアップしています。

リップリールを使った効果的なトレーニング

リップロールを使った[喉を開くトレーニング]

リップロールを行いながら、「オ」と発声してみてください。

完全な「オ」にはなりませんが、それでOKです。

この状態で「ドレミファソファミレド」など、音階をたどる。

リップロールは唇の形状から言うと、母音の「ウ」の発音に似ています。

それをあえて「オ」と発声します。

この時ブルルと鳴る唇の振動が止まってしまわないように、上手くコントロールしましょう。

「オ」の発声は、喉仏を下げやすいので、喉が開きます。

(出来ればこの時、鏡や指などで喉仏が下がる事を確認する)

サウンドも「ブルル」から「ボロロ」の様に変化します。

リップロールを使った[滑らかな空気調節のトレーニング]

リップロールの音をだんだん弱くし、その後だんだん強くする。

コレを繰り返す。

増幅減衰を1秒程度で行い、5回程度

(蝉がミーンミーンミーンと鳴く様なリスムで強弱を付ける)

強弱を付けることは、歌で表現をする上で非常に重要な手法のひとつです。

音の強弱が抑揚を生み表情豊かな歌を作り出します。

発声だけに焦点をしぼれば、強弱とはつまり排出空気量の調節です。

リップロール自体は横隔膜のトレーニングにもなります。

空気量を滑らかに弱くしたり、強くたり上手く調節しなければ、リップロールは止まってしまいます。

そのためには、腹式呼吸により横隔膜を使いスムーズに空気量を調節する必要があります。

【リップロール】トレーニングのポイント

お腹の筋肉と横隔膜をしっかり使って、滑らかに強弱を付けることが大切

力まず、空気の吐き出す量を一定に保つよう心がけて下さい。

このリップロール音の強弱をつけるトレーニングは、横隔膜を使った空気調節の良いトレーニング方法になります。

これまで3回に分けてリップロールについて述べてきましたが、リップロールはボイトレで正しい発声を身につけるために、非常に有効な練習方法です。

それひとつで様々な部位のトレーニングにもなり、効率的に効果を生みます。

理にかなったトレーニング方法として、プロのアーティストの間でも認められていますので、皆さんも是非、歌上達のために取り入れてみて下さい。