B-1. 音程



音程を良くする方法

「音程を良くしたい」とお悩み方も多いですよね。

そこで今回は、

どういうケースで音程が悪くなるのか?

どこを注意すれば音程が良くなるのか?

について、音程の取り方のポイントを述べたいみたいと思います。

音程が悪い2つのタイプ

その程度によって2つのタイプがあると思います。

Aタイプ 音感のあまり良くない方

失礼な話ですが、音がとんでもなく「あさっての方向」に行ってしまう方


Bタイプ  歌っていて箇所箇所で音程が悪くなるというレベルの方

Aタイプ:音感が良くない方はどうすればいいのか?

音程を取れないのは原因のひとつは、

自分がどこの音を歌っているのか?』きちんと認識出来ていないからです。

「音に慣れる」「音感を鍛える」ことから始めましょう!

音感のあまり良くない方は、自分が歌っている音を聞き分けられていないことが多いので、音の高低を聞き分ける能力を身につけることが大切です。

まずは、音感を鍛えることから始めるべきでしょう。

ではどういう練習をすればいいのか?

音感(音の高低を聞き分ける)を鍛える歌のトレーニング方法

ピアノで「ドレミファソラシド」と弾いて、その音に合わせて声を出してみましょう。

「ド・ミ」「ド・ソ」など少し音程の離れたものもピアノと一緒になぞる。

慣れてきたら「ド・ラ」「ド・シ」など更に離れたものにもチャレンジしてみる。

これらの音程練習の声をボイスレコーダーなどに録音してみましょう。

とにかく耳を音階に慣らせる必要があります。

鍵盤の音に合わせながら「ドレミ~♪」などと声を出し、自分が今どこの音を歌っているのか注意深く聴くように努めてください。

ピアノやボイスレコーダーを持っていない場合はスマートフォンなどで、ピアノやボイスレコーダーの無料アプリがあるので、それを利用するのもお手軽でいいと思います。

このようにピアノなどの楽器に合わせることも重要ですが、それに加えて自分の歌を録音して聞くことが何より効果的になってきます。

ピアノに合わせて歌っている時はなんとなく自分では音程が合っているつもりでも、録音した自分の歌を聞いてみるときちんと出来ていないことも多いものです。

後から確認することで、客観的に自分の歌を見極めることが出来ます。

ポイント

音程練習をする時は、必ず自分の歌を録音するように心がけましょう!

しかし、このトレーニングの段階でも自分がどの音程を歌っているのかわからない場合は、信頼出来る友人や家族などに、一緒に聴いてもらいます。

そして、「自分の音程はピアノより高いのか?低いのか?」聴き分けてもらうのが良いでしょう。

音感があまり良くない場合、「そもそも自分で音程を聴き分けられない」ということも考えられます。

その場合は、専門家の指導を受けることをオススメいたします。

Bタイプ:歌っていて箇所箇所で音程が悪くなるというレベルの方 の対処法

前回も申し上げましたが、「自分は音痴だ」と言っている方のほとんどは、実はそうではない人が多いような気がします。

私をはじめワンズウィルの講師陣もみな同じ意見です。

そこそこ歌えているのに、音程が合わない方によく見られる症状を何点か上げてみましょう。

音程が悪くなってしまう方に見られる症状

1.リズムが上手く取れていない

2.曲のキーが自分に合っていない

3.ちょっとした節回しの大きさが、メロディーに合っていない

4.口の開け方が極端に小さい

代表的なものとして上記のようなものがあります。

それぞれ1~4について簡単に説明したいと思います。

1.リズムが上手く取れていない

曲にはそれぞれリズムがあります。

4拍子、3拍子、などに加え、早いテンポ、遅いテンポ、跳ねたリズムなど様々あります。歌にとってリズムは肝心要です。

そのリズムを感じられていないために、フレーズがよれて結果的に音程まで不安定にしてしまいます。

その曲に流れている基本リズムを意識することが大切です。

2.曲のキーが自分に合っていない

キー設定は意外と見過ごされがちですが、音程を安定させるためにはとても重要です。

出せる声の音域は、人それぞれ違います。

出ない音域を無理に出そうとすれば、当然音程も不安定になります。

カラオケなどで歌う場合は、キー設定を-1-2,や+1+2など色々変えて試してみると良いでしょう。

自分が一番しっかり歌えるキー設定を探してください。

3.ちょっとした節回しの大きさが、メロディーに合っていない

これも非常に多くある事例ですが、節回し(特にしゃくり)が適切に出来ていない事で、

節(しゃくり)の中と後ろが上がりきらず、音程が低くなってしまう。

逆に節(しゃくり)が上がりすぎてしまって、語尾の音程が高くなってしまう

などの状態になります。

まずはシャクリ部分が何処にあるか確認した上で、音程によく気をつけて歌うようにしましょう。

「しゃくり」に関して詳しく解説している記事がありますので御覧ください

4.口の開け方が極端に小さい

これはあまり知られていないことですが、口をきちんとした形で開けていないために、暗いトーンの声になり、音が下がり気味になることが多くあります。

あまりやり過ぎてもいけませんが、頬骨のあたりを少し持ち上げるような感じにして歌うと、トーンが明るくなります。

これにより、音程が下がり気味になることを防ぐ事ができます。

以上4点、これらはよくある事例のほんの一部ですが、代表的なものを上げてみました。

1度に全てをこなして歌うのは難しいとおもいますので、項目をひとつずつチェックしてトライしてみて下さい。

これらを意識しているのとしていないのでは、[音程の良さ]に随分差が出ると思います。

[音程の取り方]についていくつかのヒントを今回は述べましたが、本来はボイストレーニングで発声法の基本をマスターしていけば、自然と音程は良くなっていくものと考えています。

音程を良くする方法 ~「音飛び部分」の実践トレーニング方法~

歌が上手くなる方法として、まず皆さんが思い浮かべるのは「音程のトレーニング」ではないでしょうか?

やはり歌のピッチ(音程)が合っているかどうかは気になるところですよね。

特に、どうしたら「音飛び部分」をしっかり克服できるのか?

音程を良くする練習として、是非実践して頂きたい4つの「音程トレーニング」について書きたいと思います。

<音飛び部分>を克服する「音程トレーニング」

1.お腹で支える(特に高音

2.手でメロディを描く

3.自分の居るべき場所イメージ

4.音飛びフレーズの練習

1. お腹で支える(特に高音

「お腹での支え」は歌う上でとても重要なテクニックです。

特に高音へ音程が飛ぶ時にはこのテクニックがあるととても便利です。

ただし、この方法の習得は、腹式呼吸がしっかり出来ている事が前提になります。

横隔膜を下げて空気を吸い込み、その後、腹横筋や腹斜筋などを使い、背中下部から下腹部周辺で声を支えます。

これを身につけるには、しっかりとした知識のあるボイストレーナーに習う必要があるでしょう。

またこれは、歌に必要な筋肉を作る作業になりますので、短期間で習得するのは不可能です。ある程度体が出来上がってる方でも、3ヶ月程度、また、全く初心者であれば、1年以上かかる場合もあります。

2. 手でメロディを描く

これは誰でも簡単に出来るテクニックです。

メロディを目に見える形のイメージに変えてあげるのです。

例えば、左手にハンドマイクを持ち、右手で譜面の音符をなぞる様に動かします。

「譜面なんて分からないよ」と言う方は、以下のようにしてみてください。

高音になれば手を上に

低音になれば手を下げる

自分の手でメロディを描く様なイメージで、手を動かし歌うのです。

これはプロの歌手の方でも、例えば絢香さんや平井堅さん、ドリカムの吉田美和さんなどが使っている手法です。

ライブ映像などで、特に高音部分に音が飛ぶときなどを注意して見てみてください。

自然な形でメロディを手で描きながら音程のイメージを作っていますね。

このように、音のイメージを手で描くことにより、音飛び部分での音程イメージがより明確になります。

3. 自分の居るべき場所イメージ

これも「イメージをどう持つか?」と言う事なのですが、特に「高音」に音が飛ぶ時のイメージは非常に大切です。

多くの方は、音が高くなればなるほど、自分より上に音があるイメージを持ちます。

これは自然な流れなのですが、このイメージを持ったままでいると、高音はとても苦しくなりがちで、しかも音程はフラット(低く)してしまう傾向にあります。

(逆に高く意識しすぎてシャープしてしまう事もあります。)

これはどうしてか?というと、

音が自分より上にあると思えば思うほど ⇒ 顔も上に向いてしまい苦しいイメージになり ⇒ 結果として口腔の奥が狭まってしまう ⇒ つまり、喉周辺にも力が入り閉まった状態になる。

結果的に音程が外れやすい状態になってしまいます。

では、どうしたら良いのでしょうか?

これはあまり知られていない事ですが、

音程が高くなっても、「自分がその音より高い位置に居るイメージ」を持ってください。

高音を出すときのイメージは

下から上を向いて高音を出すのではなく、自分が音の位置より上にいて、高い音を下に押し付ける様なイメージです。

そのイメージを持つだけで、高音はかなり安定して行きます。

音程が高くなっても「自分がその音より高い位置に居るイメージを持つ

4. 具体的に音飛びのフレーズを反復練習する

これは基本中の基本ですが、鍵盤楽器を使い音程を繰り返し上下して練習する。

<低音 高音>
ソ、ドラ、ドシ、ドド(1オクターブ)

<高音 低音>
ド、ソシ、ソラ、ソソ(1オクターブ)

ピアノやシンセサイザーなどの鍵盤楽器の方が、ギターやその他の楽器より音程が安定していますので、音程を確認するには適しているでしょう。

しかし、自分自身で音程をジャッジしながら練習するのはとても難しいものです。

専門知識を持ったボイストレーナーに指導を受けて、しっかり歌えているか確認してもらうのが理想ですが、自分で一人行う場合は、トレーニング中の声を録音するなどして、正しい音程で歌えているか確認することが大切です。

以上4つの方法を説明しましたが、参考になりましたか?

(1)は少し難しいですが、(2)~(4)に関してはすぐにでも実践できる内容だと思います。

「音飛び部分」は、歌の中にいくつも入っています。

特に邦楽の場合、メロディのインパクトが求められた90年代以降の楽曲から現在に至るまで、とても多く用いられている手法です。

身近にある曲の中に「音飛び部分」があるかどうか探して見るのも面白いでしょう。

又、音飛び部分に差し掛かった時「音が飛ぶ」意識を持って歌うことで、音程は今よりずいぶん良くなると思います。是非、実践してみてください。

音程が悪くなる理由(1)

こちらのワンズウィルBlog『ボーカル請負人』では【音程を良くする方法】という[音程の取り方]について書いたものが、皆さんにとても読まれている記事です。

やはり『音程が悪いのが気になる』というのは誰しもが抱くものですよね。

カラオケ採点なんかでも音程をしっかり歌わないと点数が上がらないと言いますし。

そこで今日はどうして音程が悪くなってしまうのか?

業界標準の音程修正ソフト【Auto-Tune 7】の波形画面を見ながら解説してみたいと思います。

頭の音が低くなる事が多い

フレーズ頭の1音がずれると、連動してその後に続く言葉の音もずれてしまい、フレーズ単位で音程が悪くなってしまう。

ということを【音程を良くする方法】の記事の中で述べました。

歌をレコーディングしていると良く分かるのですが、フレーズ頭の音程に注意がいっていない事で、頭の音程が低くなってしまう方が非常に多いんですね。

音程が悪くなってしまうというのは、[音の頭の音程]が上がりきらず低くなってしまうことに原因があるケースがほとんどです。

頭の音程が低くなった場合の『Auto-Tune 7』波形

ではその実例を音程修正ソフト『Auto-Tune 7』の画面で見てみたいと思います。

Auto-Tune 7 画面

赤の線 ボーカリストが歌ったそのままの音程の波形

黒の線 音程を修正した波形

波形の下の文字は歌詞

これはあるアーティストの歌(『されるものはない』という部分の歌詞)を、Auto-Tune 7に取り込んで音程を修正した画面です。

その中の『さ』『れ』『る』『も』『ない』の波形(赤の線)に注意して下さい。

(出来れば画像をClickして拡大してご覧下さい。) 

これらの言葉の波形は、頭の部分が基準線(正しい音程)に対して低く入っているのが分かると思います。

(◯印で囲んであるところです。これは[音の頭の音程]が低くなっている事を意味します。)

この様に、音程が悪くなる原因の多くは

音(声)の立ち上がり(頭)部分が上がりきらず、低くなることによるものです。

必然的にそれにつられて語尾の音程も合わなくなっていきます。

しかもフレーズ(『されるものはない』)の最初の音である「さ」の音程が低くなってしまっているため、後に続く一連のフレーズのほとんどの音が低くなってしまっているのが分かると思います。

結果として1小節2小節と続くフレーズ単位で音程がずれてきてしまいます。

どうして頭の音程が悪くなるのか?

いろんな原因は考えられますが、

言葉の子音を意識した発声がきちんと出来ていない 言葉の立ち上がりが遅くなってしまい、その結果、頭の音程が低くなってしまう。

発声の基本のように口をしっかりした形で開けていない
 暗いトーンの声になったり、音程が下がり気味になる。

節をつけてしゃくって入ったが
その後 音程が上がりきらない

ことがあげられます。

ではどうすれば音程が良くなるのか?

ボイストレーニング(発声)の基本からすると、舌の使い方や理論に基づいた喉や口の開け方、音程を合わせる技術、言い換えれば「声帯のコントロール」を細かく行うテクニックなど、正しい知識を身に付けてトレーニングを続けることが必要になります。

しかしこれらはボイトレで発声を学んでいる方からといって、すぐに実行出来るものでもありません。

ましてやカラオケを音程を良く歌いたい方などにとっては、そんな専門的に学ぶのはちょっと面倒だし難しい…ですよね。

そこで、音程を少しでも良くしたい方への簡単なアドバイスとしては、やや乱暴な言い方にもなりますが、

1.カツゼツ良く歌う。

2.口をいつもより大きく開ける。

3.しゃくり(節)の上げ具合に注意する。

これだけでも子音がしっかりした発声になることで声(音)の立ち上がりも良くなり、声のトーンも明るくなって、音程が下がり気味になることは少なくなるでしょう。

3.について補足すると、頭の音はしゃくり(節)で入ることが多いのですが、初心者によく見られる状況として、しゃくりのスピードや上がり具合が足りない事によって、音程が低くなってしまうケースが多いですね。

[節を入れるフレーズ頭の音程]には特に気をつけると良いと思います。

もしDTMなどをやっていて、自分の歌を録音出来る環境にあるのであれば、[音の頭(入り)]を自分はどのように歌っているか? 分析してみて下さい。

音程が悪くなっている原因がつかめると思います。

音程が悪くなる理由(2) 

今回は逆に音程がシャープして(高くなって)しまうケースの一例を、前回同様、業界標準の音程修正ソフト【Auto-Tune 7】の波形画面を見ながら解説したいと思います。

高い音から低い音へ下がる時に、落ちきらずにシャープしてしまう

メロディーの高低差がある部分で良くあるケースなのですが、高い音から低い音へ下がる時に、音が落ちきらずにシャープして(高くなって)しまうことが多々あります。

その例を、音程修正ソフト【Auto-Tune 7】の画面で見てみましょう。

Auto-Tune 7 ピッチ修正画面

赤の線 ボーカリストが歌ったそのままの音程の波形

黒の線 音程を修正した波形

丸く囲んである箇所に注目してください。

ボーカリストが歌った元の音程(赤の線)が、基準線(正しい音程)に対して高いのが分かると思います。

高い音から低い音へ移動する際に、シャープしてしまっています。

どうして音程がシャープしてしまうのか?

原因はいろいろ考えられますが、経験上言えるのは 、次の音への意識が薄くなっているということです。

この波形をご覧になれば分かる通り、高い音については音程がピッタリ合っていますが、次に来る低い音の音程が高くなっています。

これは高音部の音程が低くなってしまうことを嫌い、高い音のピッチを合わせようということばかりに意識がいってしまい、次に来る低い音への注意が払われていないことからおこる場合が多いように感じます。

このように高低差があるフレーズ部分については、高い音から低い音へ下がる際の音程にも注意してみてください。

下がっていくメロディーの動きをしっかりとイメージするだけで、改善されるはずです。

ボーカルディレクションをしていても、「高い音ばかりでなく、その後の低い音にも神経を注いで歌ってみてください。」とアドバイスするだけで、すぐに音程は良くなったりするんですね。

またメロディーの動き(音符)がしっかり頭に入っていないことから起きるケースもあります。

自分ではメロディーをきちんと理解しているつもりでいても、実はうやむやにインプットされており、間違った音を歌ってしまう。

したがって本来の音より高く歌ってしまう方も私はたくさん見てきました。

ベンド

最後に高低差があるフレーズをうまく歌うための日頃の音程トレーニング法のひとつをご紹介します。

【ベンド】という発声方法があります。ボイストレーニングを習っている方ならご存知でしょう。

【ベンド】とは

高低差のあるフレーズの移動の際に、音が途切れないように発声することです。

「節」や「しゃくり」「ビブラート」のように、音程を変える部分で喉を鳴らさないで歌いきります。

このテクニックを身に付けることで、高低差のあるメロディーのピッチ感が良くなります。

皆さんも是非日常のボイストレーニングに取り入れてみてください。

意識が音程をシャープさせる

前回に、メロディーの高低差がある部分で、高い音から低い音へ下がる時に、音が落ちきらずにシャープして(高くなって)しまう例を解説しました。

今回も音程が高くなってしまう例を、ピッチ修正ソフトAuto-Tune 7の画面を見ながら説明したいと思います。

自分では低いと思っていても、実際には高いところを歌っている

次の波形をご覧ください。

Auto-Tune 7 ピッチが高くなってしまう例
Auto-Tune 7
ピッチが高くなってしまう例 

赤の線 ボーカリストが歌ったそのままの音程の波形

黒の線 音程を修正した波形

これはある女性ボーカリストがサビを歌った音程波形ですが、B(シ)~D#(レ#)と高い音が連続するメロディーで、女性Keyとしては高い部類になります。

しかも丸く囲んであるD(レ)とD#(レ#)の音はファルセットでなく、地声で歌わなければならない曲です。

このDとD#以外はピッチ(音程)は正しく歌えていますが、これらの音だけシャープして(高く)歌ってしまっています。

しかしボーカリスト本人は「サビの高い音のピッチが当たらずに低くなっちゃった」と言いながらボーカルブースから出てきました。

こういうことは良くあることで、自分では低いと思っていても、実際には高いところを歌っている場合が多いのです。

高い声を出さなければという意識が、音程をシャープさせる

Keyが高い曲や、サビなど音程が高い部分はどうしてもフラットして(低くなって)しまうという方がほとんどでしょう。

また高音部の音程が低くなりたくないという願望もあると思います。

しかし実際にはフラットどころか、このように本来の音よりシャープして(高いところを)歌っていることが非常に多いんですね。

ボーカルレコーディングをしていると良く感じます。

高い声を出さなければという意識がそうさせるのでしょう。

実は高音を出すことに苦手意識がある人ほど、そういう傾向にあったりするんですね。

皆さんも気づかないうちに、サビなどの高音部を実際にはシャープして歌ってしまっていることもあると思いますので、そうならないよう心掛けて下さい。

意外と出来ない? 音感(音程)を鍛える半音移動の発声練習

発声の中で半音の移動をきっちり出来ていない方が多いようです。

これは半音の感覚をきちんと持っていない事が原因のひとつです。

「ドレミファソラシド」 の音階は何となく歌えるとは思いますが、これにド♯、レ♯など半音も入れると歌いづらいですよね?

今日はそんな半音の音感を身につけるためのワンポイントを書きたいと思います。

半音の感覚が身についていないと、音程が悪くなってしまう原因となってしまいます。

半音移動の練習は音程を良くする効果がある

半音移動(正しいメロディー、間違ったメロディー)

例えば、左上の譜面のような半音移動の楽曲があった時に、半音の感覚がきちんと身についていないと、無意識に右上の譜面のように全音で歌ってしまうケースが多いです。

※赤○部分(ソ♯をソと歌ってしまう)

歌っている本人も間違いに気づかない場合も多いのです。

しかも実際の曲には、Aメロやサビなど、意外と半音移動しているメロディーはたくさんあり、上級者でもそこを正しい音程で歌えていないケースが多いように思います。

半音の音感をきちんと身につける事で、全体的な音程も良くなる効果があります。

半音移動の簡単な発声練習の方法

音程を正しく発声する(音感を身につける)ための練習方法の1に、以下の2つがあります。

半音移動の練習

全音移動の練習

実際に、音感トレーニングための発声練習教材を譜面と音源でご紹介したいと思います。

半音移動の練習

半音移動の練習_譜面

全音移動の練習

全音移動の練習_譜面

全音移動 & 半音移動の練習

半音移動&全音移動の練習_譜面

実際に声に出して音程をとってみるとわかるのですが、 全音の移動はまだしも半音移動の発声は、音程がとりづらく慣れていないと少し難しかったりするもの。

この譜面を交互に連続して練習する事で、発声における音感を鍛えることが出来ます。

気をつけるポイントとしては、自分では半音で歌っているつもりだけど、全音で歌ってしまっているケースが多いということです。

そんな場合は、鍵盤の音に合わせながら「ド ド# ドド# ~♪」などと声を出し、自分が今どこの音を歌っているのか注意深く聴くように努めてください。