B-2. 発声・カツゼツ


アメリカや韓国に歌が上手いシンガーが多い理由

ここ数年、韓国のアーティストが日本の音楽シーンを席巻しているのはご存じの通りですが、ダンスミュージックなどを歌うと、本場アメリカのミュージシャンと引けをとらない実力の持ち主が多いですよね。

歯切れの良いカツゼツで、リズム感のある歌を海外のアーティストは歌います。

このように韓国やアメリカのアーティストに歌がとても上手い方が多い理由のひとつとして考えられるのが母国語の子音との関係性です。

歌と舌の筋肉、子音との関係性について

良い歌(発声)のためには舌の使い方が重要

子音を多用する言語を母国語とする人達は、普段の会話の中で、自然と舌の筋肉が鍛えられ、それが歌のためにもプラスになっている

という仮説を立てて話を進めてみたいと思います。

英語圏や韓国の人は、舌で「U」の字を簡単に作る事が出来る。

まず皆さんに試していただきたいボイストレーニングでの発声法の1つとして、以下のような口の開け方、舌の位置、使い方が出来るでしょうか?

舌の先は下の歯の裏に触れた状態で、舌全体はスプーンのように軽く「U」の字になるようにする。

発声は下の形をスプーンのようにUの字に


扇を逆さにした位の緩やかなカーブ

このように、発声においては舌の形が「U」の字なるのが基本形になりますが、これを作る事は、日本語を母国語とする私達にとっては容易ではないでしょう。

しかし舌の筋肉が発達していうアメリカや韓国の人達は、この発声に必要なU」の字を自然に作る事が出来るのです。

日本語は母音主体、英語や韓国語は子音と母音が独立している

日本語をしゃべる時には子音を強調しなくても言葉が通じるため、あまり舌の筋肉を使いませんが、英語や韓国語を発音するには子音をキチンと発音しないといけないため、舌の使い方が非常に重要になります。

どうしてか?

日本語 全てが母音で終わる  口も舌もそれほど使わずに楽にしゃべる事ができる。

英語や韓国語 発音の子音が母音から独立している言葉が多い 発音するには唇・舌・口内の部品をよりハッキリと動かす必要がある。

日本語・・・おはよう
英語 ・・・Good Morning

このように英語の発音は子音が母音から独立している点が、日本語の発音と大きく異なります。

日本語は口をそれほど開けずに、子音を強調しなくても発音できますが、英語は子音をキチンと発音しなければしゃべる事が出来ません。(アクセントとも関係しますが)

また

英語は子音が24種類もあり、日本語には無い子音で終わる単語が沢山あります。

韓国語は母音が21種類、子音が19種類と多い上、日本語には無い子音の発音もあり、英語と同様に子音で終わる単語も多い。

そのため、英語や韓国語は唇や舌をキチンと動かさないと発音する事が難しいと言えます。

子音が多い言語というのは、舌先をよく使うので、常に舌の根本が下がっている状態をキープ出来ます。

つまり、喉が良く開いているので響きも出しやすく、声帯周辺への負担も少ない、と言う事になります。

日本人の場合、言語的に母音を多用しますので、中咽頭部分が狭まっている方が多く、ボイストレーニングで喉を開く作業が必要になるのです。

日本人はカツゼツが悪い人が多い

ボーカルレコーディングをしていて良く感じる事ですが、日本人はカツゼツが悪い方が非常に多い気がします。

言葉の頭にくる子音をしっかりと発音が出来ないため、何という言葉を言っているのか聴きとりづらいのです。

上に書いたように、日本語は母音で終わる言葉(子音を強調しなくても伝わる)のため、歌を歌っていても母音を上手く表現すれば、ある程度良い歌になるわけです。

ただ、子音をキチンと発音できていないと、ダラっとした間延びした歌になってしまいますよね。

良いボーカリストは舌の筋肉の使い方が上手い

良いボーカリストは舌の筋肉の使い方も良いので、子音もキチンと発音でき、喉も良く開き、響きのあるいい歌を歌えるのだと思います。

舌の筋肉は直接喉の筋肉と連動します。

つまり

舌の筋肉は発声にも非常に重要な役割を担うのです。

良い発声を習得するには舌の筋肉を鍛える事が不可欠になります。

アメリカ人や韓国人に歌が上手なアーティストが多い理由のひとつが、この舌の筋肉の使い方に関係しているのだと思います。

思うように歌えないのは何故?

思うように歌えず」、「どうしてだろう?」「悔しい~」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

歌が上手くなるために必要なもの、それは発声テクニックです。

イメージ通りに歌うには、まずは発声が大切

例えばレコーディング現場で、私が「この部分は歌詞のイメージから、もう少しやわらく歌えないですか?」とボーカリストにリクエストしたとしましょう。

するとボーカリストは、今まで強めに歌っていたそのフレーズをやさしく歌おうとするのですが、どうしても上手くいきません。

「音程が下がってしまい、語尾がふらついて安定感がなく、存在感のない弱い歌」になってしまうことが多いんですね。

何度やっても上手くいきません。しかも同じ箇所が。

この「同じところ」というのがミソです。

では何故、同じところでつまずいてしまうのでしょうか?

それは、

発声法がしっかり身についていないことが原因の場合がほとんどです。

ニュアンスや感情を入れようとしても、

良い声を出すための

身体の使い方

身体づくり

が出来ていないからです。

このような状態だと、「歌いたいイメージ」があっても「それを表現するための声の出し方」が分からず、良い歌いならないんですね。

つまり、発声の技術が欠落している状態。

したがって何度やっても、同じ部分が上手くいかないんですね。

歌声は身体の様々な部位をコントロールして出している

「歌う時の声」というのは、普段あまり使っていない筋肉を使うことになるので、トレーニングで鍛えなければ上手く動かすことはなかなか難しいのです。

何度やっても同じところを上手く歌えないのは、そのためです。

上の例で言うと、

柔らかく歌うには

舌や口腔内を柔らかく動かす

声帯を滑らかにコントロール(音程を柔らかく移動)

表情筋や唇をスムーズに動かす

ことが必要で、

語尾がふらついてしまうのは

お腹の支え

横隔膜のコントロール

が出来ていないからです。

普段そのような筋肉の動かし方をしていないのに、歌う時に急に「理想通りに動かせと」身体に命令しても、そうはうまくいきませんよね。

歌の様々なテクニックも発声が出来てこそ

発声を生かして歌う男性

しゃくり、節回し、ベンド

ビブラート

ミドルボイス、ファルセット

子音、カツゼツ、発音

声の音圧の強弱(ボリューム)

声の成分にどれくらい息を含ませるか

音程コントロール

などなど、発声の基本がしっかり身についていないと上手く表現できないテクニックがたくさんあります。

リズムや音程についても、声を自由にコントロールする術をもっているからこそ、しっかりしたものになります。

やはりボイストレーニングはとても大切です。

皆さんもまずは、「歌上達のために発声法をしっかり身につける」ことから始めて下さい。

ニュアンスや気持ちを込めて歌っても、良い声の響き(声のバイブレーション)で歌えていないと、ひとりよがりの伝わりにくい歌になってしまうことがあります。

表現力と発声テクニックの両方を兼ね備えることが大切です。

小さい声で弱く歌う時も、しっかり口を開けて声を前に出していますか?

皆さんはAメロやオケが薄くなるところ、ニュアンスをつける部分など、囁くように小さい声で歌う時でも、口をしっかり開けて声を前に出して歌っているでしょうか?

しかしこれが出来ている方は意外に少いように感じます。

特に初心者の方に多く見受けられますが、口をしっかり開けずにモソモソ歌ってしまう。言葉を飲み込むように歌ってしまうという表現もあてはまるかも知れません。

『口』は声の出口になるので、小さい声でソフトに歌うからといって、基本に忠実なしっかりした口の開け方をしないと声が前に出てこないんですね。

当然、声が前に出ていない状態では、マイクではキチンと拾ってくれず、歌に説得力がなくなってしまいます。

日本語はただでさえ、発音がハッキリしない言語

日本語の場合、子音を強調しなくても言葉が通じてしまう(アタックを必要としない)言語のため、 柔らかく(ソフトに)歌うと、余計に声が前に出てきにくいのです。

日本語は母音主体、英語や韓国語は子音と母音が独立している

日本語は口をそれほど開けずに、子音を強調しなくても発音できますが、英語は子音をキチンと発音しなければしゃべる事が出来ません。(アクセントとも関係しますが)

このように英語や韓国語の場合は、囁くようにソフトに歌っても、言葉の持つアタック(子音)の強さによって説得力が出てきます。

しかし、日本語は子音(アタック)を強調する言葉ではないので、口をしっかり開けて、言葉をハッキリ(子音をキチンと)発音しないと伝わりづらいのです。

だからこそ舌の使い方や口の開け方が非常に大切になってきます。

ボイストレーニング的に言うと、良い発声をするためには

正しい口の開け方(形)

口内の空間の形

余計な力みを生じることなく、発声に関わる筋肉を、自分の思う通りにコントロールする。

舌や顔の筋肉や、いくつかの喉に直結した筋肉

など、正しい体の使い方をしなければなりません。

これらはボイストレーニングなどの発声練習を積み重ねていくことで習得出来るもので、初心者の方には簡単に出来るものではないのでしょう。

『口の形』『声を前に出す』を意識するだけでも、歌が違ってくる

実はこのソフトに弱く歌うんだけど、しっかりと声を前に出すのは簡単なようで、なかなか難しいものです。

ではそのためには正しい発声法(口や口の中の形・舌の使い方)が必要なのでしょうか?

理想ではありますが、歌う時の口の開け方を意識するだけでも違ってきます。

初心者の方はまず、

小さく歌おうが、声を張り上げようが、とにかくしっかりと口を開けることを意識してみてください。

それだけでも歌(声)がこもったり、言葉が不明瞭になることがなくなり、声が前に出てくるようになると思います。声のトーンも変わってきます。

ボーカルディレクションをしていていつも感じることなのですが、いい歌を歌っている時のシンガーは、しっかりした口の開け閉めをしていて、顔の表情もとてもリラックスしています。

極端な話、歌っている表情を見ているだけで、いい歌のテイクが録れるか録れないか判断出来てしまうくらいです。

声の出口である口の形(開け方)は、大切な歌のポイントです。

歌はまず、しっかり声を発することから始まります。


歌う時の微妙な力の入れ具合

ニュアンスをつけたい場所などではボーカリストは弱く歌いたいもの

例えば、悲しい曲を歌う時などはニュアンスをつけるために、小さい声で弱く歌いますよね。

でもそれは弱く歌いすぎている場合が多いのです。

つまり声が前にしっかり出ていない状態で、マイクでキチンと拾ってくれず、歌に説得力がなくなってしまうんですね。

今度は少し歌の音量を上げようとすると、変に力が入ってしまい、声が大きくなっているだけで、ニュアンスが消えてしまったりします。

その微妙な力の入れ具合、弱く小さく歌うんだけどしっかり声を前に出す。

これは実は難しかったりします。

サビなどで高音部を綺麗に響かせてロングトーンで歌う時など

ボイストレーニングで身に付けた発声を生かそうと、力まずに声を出す事を心掛けると、芯のある押し出しが強い声になっていない事が多いものです。

響きはあるが、のっぺらとした抑揚のない(ダイナミックさがない)声とでもいうのでしょうか?

力まずに声を出す事はもちろん正しい事なのですが、サビなのに存在感のある声にならないのです。

そこでもう少し強い声を出そうとすると、今度は変に力んでしまって喉を閉めてしまい、響きのある声でなくなってしまう。

このように歌う時は

悲しい曲、やさしい歌、明るい歌、激しい感情の歌であろうが、まずしっかり声を前に出すことが重要

小さい声を出すんだけど、しっかり声を前に出す。

変に力まずに、存在感のある大きい強い声を出す。

これらの力の入れ具合は、とてもコントロールが難しい。

それには実際にきちんとした音質の録音機器でレコーディングしてみて、じっくり聴き直す事を繰り返さないと身に付かない部分なのかも知れません。

喉や舌、お腹の微妙な力の入れ具合をコントロールして、何度も自分の歌を録音して試す事で、だんだんと一番しっくりする声の出し方、イメージが分かってきます。

正しい発声を自分のものにする

このように余計な力が入って上手く歌えないケースの多くは、喉や口、舌、顎などに不必要な力を入れてしまっている証拠で、自然な発声を妨げています。

ボイストレーニングでは、余計な力を抜くべく指導を受けるのですが、余計な力は抜こうとして簡単に抜けるものではありません。

余計な力が入るのは、発声上、必要な何かが十分に出来ていない、やはり自分のものになっていないのが原因で、それを解決しない限り、力を抜く=歌えないということになってしまいます。

余計な力を抜くための近道は、やはり、正しい呼吸法や、正しい発声マスターしていくことだと思います。

自分なりのイメージ・感覚を身につける

歌いたいイメージがあり、歌う時に身体のどこにどのくらいの力をかけると、イメージ通りの響きの声が作れるか?を理解できた時には、相当な表現力が備わった事になります。

私が携わってきたアーティスト達も、最初のうち(新人の頃)は皆、レコーディングでぎこちない部分もあるのものでした。

しかし1つのアルバムをレコーディングし終わった頃には、Aメロで優しく歌ってほしい場所や、大サビで力強く歌ってほしい場所などのメリハリがつくようになり、見違える程技術力が上がっていました。

歌を録音しては聞いての繰り返しによって、身体のどこを使い、どう声を出せば、どういう歌になるのか?自分なりのイメージが掴めるようになっていったんだと思います。

そういう意味でも、レコーディングは歌上達のためにとても必要なバイブルかも知れません。