B-3. 息継ぎ・ブレス


良い息継ぎ(ブレス)は歌に良い変化をもたらします

※『腹式呼吸』をしていないことが、語尾がふらつく原因の全てではありませんが、それから起こるケースが多々あります。

リスナー(一般の観客)にとっても、シンガーがフレーズの語尾をしっかり安定して歌えているかいないでは、良い歌かそうでない歌かを見分ける判断材料になると感じます。

難しい発声法などを抜きにしても、フレーズの語尾をしっかり意識して歌うだけで、聞いている人の印象が大きく変わってくると思います。

フレーズの歌い終わりをしっかり意識する ~歌を切るタイミング~

カラオケを楽しんでいる方の歌を聞くと、フレーズの歌い出しの音程やアクセントは意識しているのに、歌い終わるポイントを曖昧にしてしまっている方が多いように感じます。

実は、このフレーズの歌い終わりを曖昧にしていると、どんなに素晴らしい歌でも聴き手には締まりのない不安定な印象を与えてしまいます。

歌い出しと同様に、歌の終わるポイント(歌を切る場所)までキチンと責任を持つことが大切です。

歌を切るポイントをしっかり意識する事で、歌に安定感とグルーブが生まれる

一流バンドの演奏をよく聴くと、BassやGuitar、Keybordsなど全ての奏者は、弾き始めのアタック音のリズムもそうですが、音を切るタイミング(音の長さ)までもキチっと意識して演奏しています。

これにより、演奏全体に安定感が生まれ、心地よいグルーブを生み出すのです。

歌も同じで、

歌を切るポイントや、歌をどこまで伸ばすかをキチンと理解し意識する

歌にグルーブ感と安定感が生まれます。

音符は音を切るタイミングまで細かに示せない

音符は、あくまでも大きな意味での道しるべであり、求められている細かなニュアンスは歌い手(奏者)自らが感じ、表現しなければ成立しないのです。

例えば歌や楽器で4分音符を四つ鳴らすとします。



これは「ターターターター」でも「タンタンタンタン」でも「タ・タ・タ・タ」でもどれも正解になります。

つまり、歌や楽器の音を切るポイントを意識をしないまま音符の通り歌って(演奏して)いると、音符自体にキチンとした正解がないものなのでどうしても曖昧になってしまうんですね。

肝心なのは、『どう歌うか?』を理解して歌うこと!

4分音符を「ター」といっぱい伸ばすのか、「タン」と終えるのか、またはもっと短く「タ」と切るのかはフレーズによって色々解釈があると思います。

肝心なのはフレーズの歌い出しから歌を切るタイミングまで『どう歌うか?』を理解した上で、しっかり意識して歌うことです。

それだけでも、聴き手には安定感と心地よいグルーブ感を届けられます。

他にも、歌い終わりを意識しないことで、

語尾の音程が変に下がってしまったり、上がってしまったり

語尾がふらついてしまう

ビブラートが不自然になってしまう

音量が小さくなってしまう

と様々な問題があります。

また、歌い終わり(歌の語尾)は実はニュアンスにもなるんですね。

歌に表情をつける意味でもとても大切になってきます。

これらについてはまた後日書きたいと思います。

語尾を曖昧に歌ってしまっている方は実に多いので、大切にしてみてください。

ちょっとした意識を持つだけで、カラオケなどを楽しむ時に、随分と歌の聞こえ方が変わってくると思いますよ。

良い息継ぎは歌に良い変化をもたらします

みなさんは「息継ぎをキチンと意識しながら歌っていますか?」

発声の基本である正しい腹式呼吸で息継ぎをしてますか?ということではありません。

(腹式呼吸の場合は逆に無意識に呼吸が出来なければいけません)

良い息継ぎをすることで、歌に良い変化をもたらします。

歌っている時にでブレスを行う際は、腹式呼吸をマスターしている、していないにかかわらず、初心者~上級者まで以下の5つをしっかり意識することはとても大切です。

歌中で意識すべき息継ぎ(ブレス)の5つのポイント

1.適切な箇所で息継ぎをしているか?

2.曲のリズム(タイミング)に合わせているか?

3.ブレスの長さ(大きい・小さい) は適切か?

4.息継ぎ(空気を吸う)のスピードはテンポ(曲調)に合っているか?

5.スムーズに肺に空気を入れられているか?足りているか?

これらはボイストレーニングで発声法を身につけている上級者でも意外と出来ていない方が多いようです。

歌にリズム感を与え、歌にとって非常な重要な【間】が作れます。

曲のリズム(2) 、テンポに合わせたスピードで(4)、適切な長さの息継ぎ(5)をすることによって、歌にリズム感を与え、歌にとって非常に重要な【間】が作れるようになります。

経験則的に、初心者のほとんどは「歌が走ってしまう」 方が多いです。

色々原因はあるのですが、その1つがブレスのタイミングが合ってないためです。

曲のリズムに合わせた適切なブレスをすることで歌のタイミングも良くなります。

歌詞(メロディー)のどこで息継ぎをするか(1)もとても大切です。

どこで息継ぎをするのか?を事前に歌詞カードに印をつけてチェックしておくのはとても勉強になります。

私の周りのプロシンガーもよくやっています。

スムーズな息の出し入れは、歌に安定感をもたらします。

スムーズに息を肺に入れる事も大切です(5)。

これには腹式呼吸との関係性があります。

効率的に肺に空気を入れることが出来ないと、ロングトーンのフレーズでふらついたり、地に足のついた安定感のある声を出すことが出来ません。

ブレスの量も足りなくなり、声量が出ないだけでなく、歌に抑揚もつけづらくなります。

息継ぎの音はノイズではありません。歌のニュアンスになります。

歌にブレス音が大きく入るのを良くないと思っている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。

言葉と言葉の間に息継ぎがあるからこそ、聞き手は心地よく歌を感じられるようになります。

ボーカリストの息づかいは、そのまま歌のニュアンスにもなるのです。

息継ぎの音はノイズではありません。

マイクで拾われる(録音される)方がいいのです。

思い切って息を吸い込みましょう。

みなさんもブレスを今までより意識して歌ってみて下さい。

きっとあなたの歌が変わってくると思いますよ。


『息継ぎ(ブレス)』のタイミングと長さ、スピード

息継ぎを早くしてしまった結果、次のに歌うタイミングが悪くなってしまった例

歌_息継ぎ_タイミング_Pro Tools

上:(青の波形)がボーカルセレクト途中のボーカル。
中:(緑の波形)が正しい位置で息継ぎをしているOKボーカル。
下: メロディーラインのMidi(音符の正しい位置)

画像中央の『息継ぎ』の波形の場所に注目してみてください。

上(青)の『息継ぎ』はタイミングが早いことが分かるでしょう。

下(緑)が正しい位置で『息継ぎ』をしています。

画像を拡大して頂けると良くわかると思うのですが、青の波形は息継ぎを早く始めてしまった(しかも息継ぎが長い)ため、次の言葉への【間】がもたず、その後の歌のタイミングまで悪く(遅く)なってしまっています。

このように、息継ぎのタイミングが合っていなかったり、適切な長さになっていないと、次の歌にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

息継ぎ』は良い発声歌にリズム感と間を与えるためにも大切

良い声を出す(発声)のためには、正しい呼吸をしなければならないことは皆さん理解できると思います。

いわゆる腹式呼吸です。

発声に関わる筋肉(喉や首など)を緊張させることなく、お腹周りの筋肉を使い横隔膜の収縮運動をおこなう≪腹式呼吸≫で、スムーズな呼吸(息継ぎ)をすることです。

これで、効率よくに肺に空気を送ることが出来るようになり、声を自由に操り、安定感のある歌声になります。

このように息継ぎは安定感のある声を出す(良い発声)ためにはとても大切になってきます。

しかし上に記したように、息継ぎが大事なのはそれだけではありません。

曲のリズムやテンポに合わせて、適切なタイミングで、適切な長さの『息継ぎ』をすることです。

これで、歌にリズム感を与え、歌にとって非常に重要な≪間≫が作れるようになります。

初心者の方が『歌が走ってしまったり、遅くなってしまう』のは『息継ぎ』が関係していることも多いようです。

息継ぎ』は地に足のついた安定感のある声をだすためにも、リズム感や『間』を与えるためにもとても大切になります。

皆さんも歌う時に『息継ぎ(ブレス)』を今一度確認してみてください。歌に良い効果が出てくると思います。