詐欺まがい商法

4.狙われる層は、シニアとヤング

コンピュータ社会では、多少の関係知識がないと専門用語が理解できません。

詐欺まがい商法では、この盲点を巧みに捉えて、中途半端な知識をもつ層を狙ってきます。

即ち、シニア層とヤング層がターゲットにされ易いのです。

支払い能力、時間的な余裕、損得計算意識などの条件が揃っているからです。

予め準備したシナリオ集とプレゼンテーション資料を組み合わせて、市場から入手した名簿などからターゲットを絞って攻撃してきます。