彦市   » 管理人のブログ » 日常生活

  • カテゴリ 日常生活 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

管理人のブログ - 日常生活カテゴリのエントリ

桑名の街歩き

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-6-10 18:36
本日は日曜日ながら、雨が降りそうで外出を控える雰囲気でしたが、桑名市へ出かけました。

道路が空いていて、自宅から45分で着きました。



市営駐車場(吉之丸コミュニティパーク)に駐車(終日¥200)。

すぐ前の九華公園(桑名城址)の「花菖蒲まつり」を観に行きました。

ここでは、「さくらまつり」と「つつじまつり」も定番になっています。

 

それから、近くの「春日神社」(桑名宗社)の銅板の大鳥居と立派な山門の前を通って船溜まりに向かって歩きました。

大きな料亭「ザ・フナドヤ」に突き当り、左に折れて運河堀に出ました。

ここには、富豪諸戸氏が築いた「諸戸氏庭園」と「六華苑」が背中合わせに位置しています。

どちらも工事中であり、入場できませんでした。

 

この区域は、旧城下町の雰囲気があって、建物にも古い面影が多く残っています。

アーケードの寺町商店街には、昔ながらの商店が軒を連ねており、貝専門店でハマグリを買いました。

約1時間の散策で程よく疲れました。

 

毎年、8月の第1週土曜日と日曜日には「石取祭」が盛大に催行されます。

今年は第48回で、8月4日と5日です。

あちこちにポスターが貼ってありました。

日が落ちてから、くじ引きで決めた順番で深夜まで町内を巡行して、春日神社前で奉納します。

40台近い山車が一堂に会する賑やかで騒々しい祭りです。

鉦(打ちがね)2個と大太鼓の取り付けられた3輪の山車が競って鳴り物入りで進行しますので、”日本一やかましいまつり”と言われています。

ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

 

帰り際に、駐車場隣りの柿安ストアーに立ち寄り、大内山アイスクリーム、特製クリームパン、牛肉弁当、松坂牛肉(切り落とし)などを買いました。

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (39)

ラベンダー祭り

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-6-7 13:38
名古屋市荒子川公園では、恒例の「ラベンダー祭り」が6月9日(土)~17日(日)まで開催されます。

本日は、入梅期の晴れ間となったので、下見してきました。



ラベンダー畑は丁度満開に近い状態で、ボランティアの皆さんが雑草除去作業中でした。

紫陽花も満開状態です。

幼稚園児がブラスバンドの練習中でした。

この子供達が、初日9日の10時から出演します。

練習風景を撮影して、私のHPに載せました。(マイビデオ”ブラスバンドのお稽古”)

喫茶室で、期間限定の「ラベンダーケーキセット」を食してきました。

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (35)

菩提樹の花

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-6-5 13:45
 近くの名古屋市農業センターには、大きな菩提樹が1本だけあります。

知る人は少ないのですが、6月上旬に地味ながら香りのある花が咲きます。

仏典にあるインドの菩提樹と違って、葉が小さいです。

(インドのものは大人の手のひら程の大きさですが、これは、その3分の1程度です)

今日は、その樹を訪ねてきました。



併設の牧場で採れる牛乳で作られた自家製のジェラードアイスクリームがおいしいので、それも目当てでした。

 


 


 


 


 


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

バラが満開でした。

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-5-27 16:05
 今日は日曜日で名古屋は好天気でした。

バラと言えば、岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」が有名ですが、遠いのと入場料が高いので敬遠して、近くの西山公園に行ってきました。

自宅を9:30に出て13:30に帰宅できました。

この公園は、財政豊かな豊田市が運営していて、400種のバラ園であり、手入れが良くてレイアウトも素晴らしいです。

丁度満開であったので、静かな雰囲気の中でゆっくりと楽しめました。

駐車料金も入園料も有料道路代も不要でした。

穴場です。

 


 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

恵林寺

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-5-27 7:51

山梨県甲州市塩山にある武田信玄の菩提寺です。

500年近い歴史があって、庭園が素晴らしいです。

5月初旬に団体で行ってきました。


 

本堂前面の松の枝振りは400余年の風雪に耐えた感を抱きました。

京都にも素晴らしい庭が沢山見られますが、山里ならではの自然に溶け込んだ光景でした。

築庭は夢窓国師で西芳寺(苔寺)や天龍寺の庭も手掛けた人です。

昭和17年に国指定の名勝となっています。

 

山梨県はさくらんぼ、ぶどう、桃など果物狩りで訪れますが、ついでにこの寺にも立ち寄ってください。

 


 



 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (36)

依佐美送信所記念館

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-5-26 20:32
 愛知県刈谷市にあった依佐美送信所は、大戦後の昭和27年よりアメリカ海軍が使用していました。

平成4年に返還されて、送信所設備は平成9年に撤去されました。

その後、平成19年になって記念館が完成して、ガイドボランティア会が結成されて、昨年5月に10周年を祝いました。

アンテナ敷設面積が広くて、123ヘクタール(東京ドームの26倍)の農地を40年間借用していました。

大戦後の食糧難の時代から農地は耕作されていましたが、アンテナ設備による障害で問題があったようです。

昭和33年になって、地権者が「敷地補償組合」を設立して条件交渉が繰り返されていたようです。

現在のガイドボランティア会のメンバーには、地権者の関係者や送信所で働いていた関係者もおられます。

敷地跡の一部が「よさみガーデン」として、市民に開放されており、本日は「デンソーハートフルクラブ」によるイベントで、借用農地に「さつま芋の植え付け」が行われていました。

秋には子供たちが収穫します。

本日は私の当番で、午前中2時間務めました。

訪問者は地元の人ばかりでしたので、特別な質問はありませんでした。

 


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (32)

大井川まで往復300kmのドライブ

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-5-25 14:08

 78歳では、これが限界です。

翌日に疲れが出ました。


 

往きは伊勢湾岸道と新東名で島田金谷ICで降りて、「ふじのくに茶の都ミュージアム」⇒「蓬莱橋」⇒「島田市博物館」と巡って、帰りは相良牧之原ICから乗って東名と湾岸で300km走りました。

新東名はガラスキでしたし、帰りの東名も空いていて快適でした。

好天気でしたが、富士山上空には雲があり、霊峰富士が見られなかったことが残念です。

このコースは、あまり知られていないが、名古屋からは1日コースとして、お薦めです。

詳細を以下に記します。



ふじのくに茶の都ミュージアム

 

”ふじのくに”とは、静岡県のことです。

静岡市には「ふじのくに地球環境史ミュージアム」があります。

この2館は、県営であり、学生・70歳以上・障害者には観覧料無料です。

今年の3月に島田市から静岡県に移管されて、リニューアルオープンされたもので、建物、展示物、日本庭園、レストラン、売店コーナーなど充実しています。

ゆっくり見て2時間です。



レストランは団体の予約が入っていて利用できませんでした。

付近には「とろろ飯」がありますが、あいにく木曜定休日でした。

本館の休館日は火曜日です。

運が良いと、3階の博物館エントランスホールから富士山が見られます。



牧之原台地の真ん中に位置しています。

5月初旬には茶葉の刈り取りが見られますが、昨日は好天気でしたが、刈り取った後ばかりでした。

6月10日までは、オープン記念として「新茶フェア」として体験イベントが盛りだくさんです。

しかし、平日は空いていました。

世界のお茶の種類と歴史からお茶の製造工程、茶器や入れ方まで、お茶に関する知識が得られます。

そして、売店コーナーには、お茶に関するあらゆる商品が展示販売されています。


 

10km ほど南には「グリンピア牧之原」があります。

ここは茶の製造工場ですので、工場見学や茶摘み体験が出来ます。

「茶娘衣装レンタル」もあります。




蓬莱橋

 

明治12年になって、初めて大井川に橋が懸けられました。

それまでは、「川越制度」として、川越人足と呼ばれた裸男の肩車や連台に乗って、川を渡っていました。

この蓬莱橋は2km近くあり、欄干が低いので、風が吹く日は危険です。

好天気の日でも、橋の中央部では、横風があるそうです。



現在も人道としての機能があり、100円で往復歩行体験出来ます。

東側(島田市街で、近くにアピタ島田店があります。)

西側(牧之原台地に続く山林であり、昔の東海道が残っています。)

私は、牧之原台地から橋の西側まで、車でおりましたが悪道であり、橋の手前で行き止まりとなっています。

土地の人の話では、この橋は台風時に何度も破壊されて入り、現在はかなり基礎部が強化されているそうです。

しかし、観光資源として貴重な遺産です。

 



島田市博物館

 

あまり知られていませんが、見学する価値があります。

「ヒストピア島田」と称して、博物館本館と分館、それに島田宿跡と川越遺跡が一体となっています。

 

本館には「島田髷」(しまだまげ)の由来や実物展示がありました。

特別展示は、地元画家である滝沢清さんの水彩画の世界でした。

油彩画に負けないリアルな作風であり、見ごたえがあります。(6月3日まで)

休館日は月曜日です。

 

分館には明治中期に建築された日本家屋がしっかり保存されており、内部も見物出来ます。

中庭に樹齢300年の槙があります。

また、民族資料館が併設されていて、明治から昭和の民具が充実展示されています。

更に、海野光弘版画記念館もあります。

素晴らしい小作品でした。

 

島田宿跡には、川越人足の居室や茶屋(現在蕎麦屋さん)、札場など当時のままに残されています。

また、川越遺跡としては、堤防や芭蕉句碑などがありました。

川越制度は明治維新まで続けられて、明治3年になって、大井川の通船が許可されて廃止となったそうです。

 








 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (37)

最近の散策状況

カテゴリ : 
日常生活
執筆 : 
hikoichi 2018-4-24 0:58

私たち夫婦も高齢者となって体調も芳しくありません。


自家用車の運転にも負担を感じるようになりました。


そこで、この頃の散策は1時間の走行範囲に限定しています。


また、高速道は出来るだけ避けています。


今年は開花が早まったので、毎週どこかへ出かけています。


本日は岡崎公園の藤棚を訪ねて来ました。


古株の木が8本ほどあって、丁度満開時期でした。


平日のため、そこそこの賑わいでしたが、団体客は外国人が多いようでした。


これは、岡崎城がお目当てでしょう。


 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (39)