彦市   » 名古屋近郊の散策 » ブルーボネット

トップ  >  ブルーボネット

ブルーボネット

名古屋港ワイルドフラワーガーデンを「ブルーボネット」(青い婦人帽)と称します。

このガーデンは、中部電力名港火力発電所の敷地内にあり、名古屋港の真南の対岸に位置しています。

発電所のCO2を吸収する緑化ゾーンとしての役目もあります。

3月から12月が開園期間で、今年は10周年にあたります。

手入れが良いので、いつも花園状態ですが、特に今の季節は多種の花が咲き乱れています。

海の記念日(7月第3月曜日)とクリスマスイブ(12月24日)には、会員限定のイベントが開催されます。

(名古屋港の花火大会を特等席で鑑賞できます)

私も、これが魅力で年間会員に登録しています。

(通常入場料300円、年間会員1,000円)

駐車場は広くて無料です。

日曜祭日には、名古屋港の遊覧船乗場より不定期便が出ています。

(2012年04月22日訪問)



関連情報

ブルーボネット