彦市   » 名古屋近郊の散策 » デンパーク

トップ  >  デンパーク

デンパーク

安城市は、古くは「安祥」であり、城が出来て「安城」になったようです。

矢作川の湿地帯を明治時代に開墾して、豊かな農地に変えてからは「日本のデンマーク」と呼ばれました。

今は、イチジクと梨と自動車産業で活気があります。

デンパーク(安城産業文化公園)の入場料は、高齢者が480円であり、駐車場は無料です。

園内にソーセージとビールの工房があります。

私の定番は、自家製のソーセージの盛り合わせと三種のビールです。

平日でしたので、花よりもヤンママとジジとババが目立っていました。

道路が良くて、自宅から23号線経由で40分で行けます。

(2012年03月22日訪問)

関連情報

デンパーク