彦市   » 町内会活動 » 町内会規約(例)

トップ  >  町内会規約(例)

町内会規約(例)

  
暮らしやすい街づくりのために、町内会の役割が重視されつつあります。
しかし、現実は、町内会の組織は弱体化しているのではないでしょうか。
いま、どこの町内会でも指導者の選出について、困難になりつつあります。
私の所属する町内会で、今回規約を見直しました。
そこで、他の町内会で規約を整備をされる際に、参考になればと思い公開します。

○○○町内会 規約             

第1条(会員)
この会は、○○○に居住する人を対象 に世帯単位(生計単位)で会員を構成する。

第2条(目的)
この会は、会員相互の協力によって、親睦並びに安全衛生および福祉の増進を 計り、住みよい街とすることを目的とする。

第3条(役員)
この会の事務所は、町内会長宅に置き、次の役員により任期を2年として運営 する。(役員の職務は、付則第1項に定める。)
但し、組長は任期を1年とする。
(イ)会長 1名
(ロ)副会長 2名
(ハ)会計 1名
(ニ)組長 各組1名
委嘱役員
(1)氏子総代 1名
(2)保健委員 1名   (副会長②が兼務する)
(3)消防委員 1名   (副会長②が兼務する)
(4)区政協力委員 1名 (副会長①が兼務する)
(5)会計監査 1名

第4条(役員選出)
  町内会の役員及び委嘱役員は、下記の3区域を選出単位とし、順次当番区域から選出する。
   (選出方法は付則第8項に定める。)
     ① ○組と○組と○組と○組
     ② ○組と○組と○組
     ③ ○組と○組と○組
   2.組長は、各組で輪番に選出する。(特例を付則第5項に定める。)
   
第5条(会費)
  この会の運営は、次の資金をもって行う。
  (1)入会金 1世帯 ○○○円
  (2)通常会費 1世帯 1ヶ月 ○○○円(4月と10月に6ヶ月分づつ ○○○円 を前納)
      但し、期中の転入世帯はその翌月分より計算する。
  (3)生活保護世帯で本人から申請のあった場合には、半額にする。
  (4)単身者集合住宅については、特例扱いとしてその都度定める。(付則第6 項に定める。)
  (5)臨時会費  この会の資金に不足が生じた時は、臨時総会の議決を経て、臨時に会費を徴収することができる。
  (6)納入された入会金及び会費は、原則として返金しない。

第6条(総会)
   総会は、次の議題について毎年3月下旬から4月上旬に開催する。
   総会は、会員数の過半数の出席により成立する。(委任状を認める)
    ① 活動経過報告
    ② 会計決算報告
    ③ 予算案審
    ④ 提案議題審議

第7条(会計年度)
   会計年度は、当年4月1日より翌年3月31日迄とする。

第8条(運営)
   この会の運営は、会長が統括し、各役員は日常業務を分担する。
   運営上で疑義が生じた時は、会長及び副会長で協議し、合意により決定する
   合意できないことや重要な問題が発生した場合には、会長の判断により、臨 時総会を開催することができる。

第9条(香典および見舞金)
   会員世帯に不幸が発生した場合は、香典または見舞金を贈る。(付則第3項、第4項に定める。)

第10条(助成金)
   この会の目的達成のため、関係組織に対して助成金を支給する。(付則第2 項に定める。)

第11条(役員及び専門委員への謝礼)
   役員及び専門委員に、謝礼として記念品等を年度末の贈る。(その総額は付則第6項に定める。)

第12条(自主防災会の設置)
   町内会に○○自主防災会を設置し、規約を制定する。
 2.○○自主防災会の活動は、当会規約の規定により行う。

第13条(改廃)
   規約の改廃は、総会または臨時総会で審議し、会員総数の過半数の同意を  得なければならない。
   但し、付則の改廃については、回覧による周知で過半数の 同意を得ればよい

第14条(適用)
   この規約は、○○年○月○日より適用する。
                                     以上



 ○○○町内会 規約付則  

第1項(職務)
    各役員の職務は、次の通りとする。
     (1)町内会長  (満80歳未満)
        ① 町内会の統括代表
        ② 総会及び役員会の開催(町内諸行事の協議)
        ③ 区役所、その他外部との折衝
        ④ 弔慰関係
        ⑤ 民生委員と協力し、高齢者の生活環境を把握

     (2)副会長①  (満75歳未満)
        ① 会長補佐
        ② 区政協力委員を兼務
        ③ 町内回覧の作成および配布
        ④ 日赤募金及び赤い羽根募金のとりまとめ

     (3)副会長②  (満70歳未満)
        ① 会長補佐
        ② 消防委員を兼務
        ③ 保健委員を兼務
        ④ 防犯灯管理

     (4)会計    
        ① 町内会費の徴収
        ② 諸費用の支払
        ③ 出納帳の記録

     (5)氏子総代   
        ① ○○○神社諸行事への協力
           (正月、節分、夏祭り、秋の祭礼等)
        ② 上記行事の町内への連絡、ご祈祷希望者のとりまとめ
        ③ 町内の祭礼行事を指導
        ④ 氏子費のとりまとめ

     (6)保健委員   
        ① 保健委員会に出席
        ② 保健所からの連絡事項の伝達、掲示、とりまとめ
        ③ 資源ゴミステーションの管理と指導

     (7)消防委員  
        ① ○○○消防団に協力し、町内会への連絡、とりまとめ
        ② 火災予防、年末防火パトロール
        ③ 防災知識の普及と防災訓練

     (8)区政協力委員 
        ① 区政協力委員会に出席
        ② 区の諸行事に協力し、町内会への連絡、とりまとめ

     (9)会計監査  
        ① 決算時に会計帳票を監査する

     (10)組長    
        ① 所属する組の意向を反映させながら、町内会の運営に協力する

第2項(助成金)  
    町費からの助成金は、次の通り配分する。
    助成金を受けた会は、決算報告書を町内会に提出する。
     ① 子供会        ○○○円
     ② 祭礼実行委員会   ○○○円

第3項(香典)
    会員として、町内会名簿に登録している人の中で死亡の知らせを受けた時    は、下記の香典を届ける。
    一律  ○○○円
    
    会員世帯に災害が発生した時は、下記の見舞金を届ける。
    (イ) 火災の場合       ○○○円
    (ロ) 風水害の場合     ○○○円
    (ハ) その他の場合  原則出さない。

第4項(組長選出の特例)
     家族全員が、4月1日現在で満年齢80歳以上となる場合は、本人の申し   出により組長を免責する。
   2.病気等の特別の事情があって、組長の職務に耐えないと認められる場合   は、組長を免責する。(会長判断)

第5項(単身者集合住宅の特例)
    ○○○(単身者マンション)については、管理会社より通常会費の2分の1の    金額で全戸分を町内会費として受ける。
    入会金はなしとする。
    入居者は申し出が無い限り町内会会員としない。

第6項(記念品)
    役員の労苦に対して感謝の意を込めて、年度末に記念品を贈呈する。
    但し、総額○○○円迄とする。

第7項(役員の選出方法)
    現執行役員が、次期担当グループから公平な判断を心がけて、適格者を調 査、交渉する(過去の経験者も対象とする)。
    まず、三役(会長と副会長)候補の3名を内定する(この3名で話し合って、役 職を決める。
    もし、決まらない場合は、くじ引きとする)。
    その他の役員は、輪番選出で調査、交渉して内定する。後日に、総会の承  認を得て決定する。
 2. 上記の方法で決定できない場合は、総会において、直接投票で選出する。
    その選挙前に、現執行役員による交渉経過を発表して投票の参考とする。
    また、その該当者で、役員に選出されても就任できない理由がある場合には、選挙前に拒否宣言することができる。
 3. 選挙の方法は、1名単記とし、三役(会長と副会長)、会計、総代、保健委員、会計監査の順で選出する。
    三役については、投票結果の上位3名を選出して、この3名で話し合って役  職を決める。
     話し合いで決まらない場合は、くじ引きとする。
                                                        以上

コンテンツ