彦市   » 町内会活動 » 自主防災会で取り組むべき事項(例)

トップ  >  自主防災会で取り組むべき事項(例)

自主防災会で取り組むべき事項(例)

A.災害時の行動指針

1. 活動の開始

震度5強以上の地震が発生して、1時間が経過した時点で、文木町内に家屋倒壊などの災害が発生したと判断される場合とする。

2. 集合場所は防災用品倉庫

役員は家族と自宅の安全を確認した後に、家族の理解を得て、自主的に参集する。
安全な服装と履物で、活動できる健康体であること。
もしも、活動できない場合には、家族又は同じ組から代行者を出すこと。

3. 活動内容

1)。会員全員の安否確認をする。
 組長が自分の所属する組の会員全員の確認をする。
 そして、副会長が集計する。 
2)。消火活動の判断と実行
 初期消火できる範囲とします。
3)。救援活動の判断と実行
 機材が無くても救助できる範囲とします。
4)。情報収集活動の判断と実行
 ラジオの情報と他地区からの情報を参考にして、状況判断する。
 スマホによる行政との連絡を密にして、孤立しないようにする。
5)。物資調達活動の判断と実行
 被害が甚大な場合は、救援物資が早く届くように、活動する。
6)。鳴海学区防災組織との連携
 上部組織である鳴海学区の区政委員会の指示に従って、連携行動を心がける。

4. 活動の終了

 行政からの支援が開始された時点、又は任務が終了したと判断できる時点で、会長が活動の終了を宣言して解散する。
その後の事情で、活動が必要となれば、会長の判断で、担当役員を再招集する。


B.ライフラインが停止中の行動指針

1. 要望や苦情を聞き取り

家屋の倒壊までに至らず、電気・ガス・水道のライフラインが停止した場合には、復旧するまでの間は、役員が手分けして、1日に1回の頻度で会員の要望や苦情を聞き取り調査する。

2. 問題解決のため、役員が仲介

互助精神により、町内会の会員間で、要望や苦情に協力出来るように、役員が仲介の労をとる。
具体的には、食糧、薬品、消耗品の融通や弱者への援護などです。


C.役員の任務

1.災害発生時の活動事項と役割分担

* 災害発生直後に、役員は手分けして、各家庭を巡回する。
* 過去の事例を学習して、避難所でのトラブル防止に努める。
* 会員からの苦情や要望を取りまとめる。
* 常に、会員の実態を把握する。
* 調達物資は、要望する会員数を集計して、調達責任者が発注する。
* 配給物資は、要望した会員すべてに、公平に分配する。
* 計画的に、留守宅(空家)の巡回を実施する。

2.防災用品の管理と補充

* 役員は、器具の取り扱いについて学習しておく。
 防災テントの組み立て
 発電機の使い方
 簡易トイレの使い方
 リヤカーと担架の使い方

* 管理担当者は、定期的に、不足品の補充及び電池の交換等の保守をする。
 乾電池は、2年毎に全数交換する。

* 会長は、最新の会員名簿を管理する。
 個人情報の漏えいに注意しつつ、緊急時の対応の為に止む得ないものとして、防災倉庫に会員名簿の最新版を1部保管する。

以上

コンテンツ