彦市   » 生活情報 » エンディングノートの作成

トップ  >  エンディングノートの作成

エンディングノートの作成

 最近の話題となってきた終活の重要な事項です。

様式化されたものが公開されていますが、項目が多いと書きづらくなります。

簡単な方法は、下記のホームページに登録して保管してもらうことです。   

eライフメッセージ   

https://www.jp-life.net/site/e-life-message/

あなたのパソコンに、「Office」があれば”Word"で簡単に作成できます。

下記のHPからエンディング・ノートのテンプレートをダウンロードして下さい。

使い方のビデオ解説もあります。

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/stylecatalog/word/word07.aspx



私は、以下の考えで作成しております。

1。エンディング・ノートの目的は、判断能力が低下した時に、自己の意思表示および備忘録として必要とするものです。

従って、健在の間に作成して、内容に変化を生じた際には速やかに修正すべきです。

このためには修正しやすい電子データの形式が便利です。

2。記載すべき必須事項としては、介護と治療に対する希望並びに死後の処理方法に関することでしょう。

財産とか遺産分与に関する次項は、法的な拘束力のある遺言書で明記すべきです。

3。個人情報事項に関しては、介護や入院時に記録されますので、重複記載の必要はありません。

家系図とか、親類や友人等の記載も、人名簿との重複記載となり必要ありません。

4。自分史は、必要ならば別に記録すべきです。

これは、一般には長い文章となりエンディング・ノートが複雑になります。



以上の点を考慮して、私はエクセル形式で作成しました。

もし、ご参考になれば下記の項目例をコピー&ペーストしてご使用ください。

必要により、追加や削除をして再編集すれば簡単に電子化データとして作成できます。

修正の都度、一部印刷出力して、直近のものを重要書類として保管します。



エンディング・ノートの記載項目例

私のこと

名前

生年月日

血液型

住所

電話番号

携帯電話

本籍地

出生地



思い出など

好きな言葉

好きな食べ物

嬉しかったこと

悲しかったこと

一番楽しい思い出



保険証など

健康保険証

年金手帳

介護保険証

後期高齢者医療保険証

運転免許証

パスポート

マイナンバー



配偶者のこと

名前

生年月日

住所

連絡先



兄弟姉妹のこと

名前

生年月日

住所

連絡先



最終学歴

職歴

財産

生命保険


保険会社

契約の種類・内容

証券保管場所

証券番号



個人年金

保険会社

契約の種類・内容

証券保管場所

証券番号



介護・告知や延命治療

介護が必要になった場合は、家族に判断を任せます

介護のための費用は、私の預貯金を使ってほしい

癌疾患の場合は、告知してもらいたい

延命治療は、しないでもらいたい



葬儀のこと

葬儀の実施について 家族に判断を任せます

葬儀業者

葬儀の費用

宗教・宗派

戒名・法名

葬儀の規模

家族葬

お香典は 辞退する

遺影に 使ってほしい写真がある

写真の保管場所

納棺時の服装 特に希望はない

棺・骨壷に入れてほしいもの 特に希望はない

葬儀で流したい曲 特に希望はない

葬儀でこだわりたいところ 



お墓のこと

埋葬方法 先祖代々のお墓

霊園名

墓地の使用権者

お墓の維持費用



会員サービスなど

WEB サービス サイト名

会員番号

会員ID

パソコン・プロバイダ



パソコン・データ

パスワード

ホームページのURL

データの処分



遺品の整理

形見分け 品名

誰に

保管場所



遺言書

遺言書の有無

保管場所



親族へのメッセージ

クレジットカード


発行会社名

カード名

カード番号



ペットについて

ペットの種類

ペットの名前

ペットの取り扱い



関係会社・団体

名称

TEL

葬儀の連絡 葬儀後に知らせる



自分自身への言葉

思い残すこと

誇りに思うこと