彦市   » シニア生活助言 » 愛・慈悲心(宗教)

トップ  >  愛・慈悲心(宗教)

愛・慈悲心(宗教)

日本では、サラリーマンの多くが、「政治」と「宗教」の話題を避けています。
 前向きに生きるためには、シニア層の話題としては、「死」と「病気」についてよりも「政治」と
「宗教」に目を向けるべきでしょう。
 過去の生き方に拘らず、今後の人生は、慈悲の心で他人と接することを心がけましょう。

日本の宗教

① 日本の宗教法人は1万社を超えるとも言われています。これは税法での優遇措置が受けられるからです。
② 一方で、日本人は無宗教者が多数を占めているとも言われています。
③ このことから推測すれば、実際に宗教活動を実践している人は少ないと思われます。
④ いつの時代でも、多くの人が不安や心の迷いなどを持っています。
⑤ しかし、強要されて入会したり、弱みに付け込まれて不本意に入会してはいけません。
⑥ 一部の教団では、収益増大に対する貢献を要請されると言われています。
⑦ 宗教に対しては、利得や特典を期待してはいけません。
⑧ 心の支え、モラルの向上、知人の増加などが宗教の成果でしょう。
⑨ 自己の向上により、慈悲の心で他人を愛することが目標です。

仏教

① 仏教は日本の代表的宗教です。
② 歴史が古く、多くの宗派が存在します。
③ 元を調べたところ、宗祖は「最澄」と「空海」の2人です。
④ 宗派の間で経典や称名に違いがあり、作法も異なっています。
⑤ 教えの根本は、阿弥陀仏の助けを信じて、自我を弱めて生きることです。
⑥ 活動の実態は檀家の先祖を供養する行事が中心です。
⑦ これからは、現代社会のニーズに応える活動が求められます。