彦市   » シニア生活助言 » 人生観(主義)

トップ  >  人生観(主義)

人生観(主義)

人口の高齢化傾向にある日本においては、シニア層の生活は現在より厳しくなりそうです。
現実を認識し、自己の再評価とあわせて、残りの人生計画を見直すべきでしょう。
人間も動物の類である現実は逃れることができません。
即ち、私達は自然界で生かされています。
私達は自然環境や政治にも関心をもち、より良い社会を形成するために行動しなければなりません。

現状認識

① 国の経済環境が悪化したとしても、人びとは相対的に生きていくことができます。
② 人は社会のなかで生きています。そして、殆どの人は孤独に耐えられません。
③ シニア層は、社会から期待される年代ではない。
④ 社会福祉の将来はそれほど多くは期待できないので、私達は自分の余命を仮定して、計画を見直しましょう。

政治

① テレビ中継の国会討論会に関心を持ちましょう。
② 選挙においては、私達シニア層は必ず投票を心がけましょう。
③ 私達シニア層の現状を理解している人に投票しましょう。
④ 私達も地球環境保護の活動に協力しましょう。
⑤ 次の世代に負債を残す政策は、安易な政治で支持できません。

生き方

① 自分のペースで、自由な時間を有意義に消費しましょう。
② 書物を読み、講演会にも出て、楽しいことを探そう。
③ 若い人とも話ができるように努力しましょう。
④ 老夫婦であれば、相手を理解して助けあって生活しましょう。
⑤ ペットの飼育ができる環境ならば、ペットと暮らしましょう。
⑥ 健康で生活に余裕があれば、ボランティア活動にも参加しましょう。
⑦ 朝起きたら、生あることに感謝し、一日を精一杯生きることを心がけましょう。