彦市   » シニア生活助言 » 生活支援組織

トップ  >  生活支援組織

生活支援組織

シニア層は、自分の体力や身体機能が衰えることを想定して、
地域の生活支援組織の実態を知っておくことが必要です。

地域包括支援センター

① 住居地の支援センターの存在を知っておきましょう。
② 健康・福祉・介護などの総合的な相談に応じてもらえます。
③ このセンターは認知症高齢者を介護する家族に対して支援しています。
④ また、認知症に関係する講習会が開催されています。

社会福祉協議会

① 居住地の社会福祉協議会を知っておきましょう。
② 介護保険の要介護認定を受けている人を対象にします。
③ 介護ヘルパーによる在宅介護の支援をしています。
④ 介護に関する相談に応じてもらえます。

老人福祉施設

① 特別養護老人ホームは、寝たきり状態でも収容します。
② 公共の老人施設は、申込者が多くて、まず入居できません。
③ 老人保健施設は、軽度の要介護者を収容します。
④ デイ・サービス施設は、在宅の要介護者を日帰りで収容します。
⑤ 民間老人施設の多くは、自立できる要介護者が対象です。
⑥ 寝たきり老人は、収容施設が少ないのが実情です。

NPO法人など

① 高齢者・障害者総合支援センター(愛知県弁護士会)
② 成年後見あんしんセンター(名古屋市)
③ 日常生活自立支援事業(愛知県社会福祉協議会)
④ 日本司法支援センター(法テラス)
⑤ 生活互助会(株式会社 東海ライフサービス)
⑥ きずなの会(NPO法人)
⑦ おたすけの会(NPO法人)
⑧ 日本ライフ協会(公益財団法人)