彦市   » シニア生活助言 » 地域社会との調和

トップ  >  地域社会との調和

地域社会との調和

社会の動きが、高速化・高密度化して、自動機械装置と情報があふれています。
環境に適応できないシニア層は、社会からはじかれてしまいそうです。
地域コミュニティの行事にも積極的に参加して、親睦と互助の機能を高めましょう。

町内会組織

① 大震災以降、町内会組織への関心が強まっています。
② しかし、実情は役員の引受者がいなくて、活動が停滞気味です。
③ そこで、町内会の活性化が課題です。
④ 区役所のまちづくり推進室の指導を期待しています。

自主防災会組織

① 自主防災会組織は東海豪雨以降に自治省指導で結成されています。
② しかし、実態は名ばかりで、殆ど活動しておりません。
③ 住民の防災意識の向上が課題です。
④ 今後は、防災学習会と避難訓練の実施が必要です。
⑤ 組織内の住民名簿の整備も重要です。

助け合い組織

① 公的な支援を望んでも、充分には期待できません。
② 高齢化の進んだ地域では、高齢者同士の助け合いが必要です。
③ 出来る事から実行したいものです。